brandブランド
ターゲット

ウブロ(HUBLOT)の歴史 あの人気モデル ビッグバンが経営難を救った!?

ウブロ(HUBLOT)の歴史 あの人気モデル ビッグバンが経営難を救った!?

今では成功を目指す男たちの憧れる腕時計となったウブロ。そんなウブロが経営難に陥ったとき、ビッグバンがウブロの経営難を救ったことはご存知でしたか?

現在でも若者に人気な高級時計の一つです。ウブロの歴史を交え、ビックバン誕生秘話についてご紹介します!

ウブロ(HUBLOT)設立者はスイスの異端児だった!?

hublot-history

1979年スイス・ニヨンでカルロ・クロッコ氏によって設立されたところからウブロの歴史は始まります。

当時、日本産のクォーツ時計が流行しており、スイスの各時計メーカーは頭を悩ませていました。そんな逆境をものともせずクロッコ氏は世界に挑んだのです。

創業者であるカルロ・クロッコ氏は、ラバーベルトを用いた腕時計を開発しましたが、スイス時計メーカーにおいてタブーとされていたラバーベルトを使うことにより各スイス時計メーカーからは「スイスの異端児」と呼ばれるなど猛烈なバッシングを受けます。

それでも、クロッコ氏は不屈の精神で戦い続け、自身の故郷イタリアへウブロを持ち帰り、ファッションショーや展示会に足しげく通い続けウブロを宣伝し続けます。

クロッコ氏の懸命な努力が認められイタリアのファッション業界から独創的なデザイン性が高評価を受けます。

アルマーニやそのほか有名ブランドに認められ、瞬く間に世界中で大きな話題となったのです。

HUBLOTのベルトが招いた意外な展開とは...

hublot-history

ラバーベルトの落とし穴

イタリアで認められ、勢いに乗ったHUBLOTでしたが、良かれと思って使用したラバーベルトは切断が不可なため、店舗で用意された複数のベルトから、自分に合ったベルトを選ぶ必要があり、バリエーションが少ないと嘆かれていた。

さらに、機械式時計を避けクォーツ式時計で売り出していたところ、海外ではあまり受け入れられず衰退の一途をたどっていきます。

経営状況が苦しく、ウブロとしては大きな山場を迎え、起死回生の一手として、新CEOを迎え入れることとしました。

復活のビッグバン

hublot-history

経営難からの脱却

経営難から脱却するためHUBLOTは、新CEOとして「時計業界のスティーブ・ジョブズ」の異名を持つジャン=クロード・ビバーを迎え入れます。

就任後、ビバー氏は「フュージョン」をテーマに掲げ、現状を打開するようにデザイナーへ呼びかけます。その熱意と共に生まれたのが「ビッグバン」です。

金とラバーを組み合わせ、今までにない組み合わせを融合させたことで、若者の間で大ヒットし、リリースした年にベストデザインオブザイヤーを受賞しています。

衰退の原因の一つであるラバーベルトは結果として、ジャン=クロードの融合により、経営難を救うこととなったのです。

名前の由来は船の窓?

hublot-history

HUBLOTの意味

HUBLOTの名前そもそもの由来は、船の側面に付いている「舷窓」から来ています。舷窓はフランス語でHUBLOTと呼ばれており、そこから名前がきたとされています。

ここに注目したクロッコ氏のセンスがイタリアのファッション業界に高評価を受けた理由の一つとされています。

名前の由来はデザインにも意味が…

名前の由来だけでなく、ヴェゼルのデザインとしても採用されており、窓の枠の部分に打ち込まれているネジがモチーフになっています。

このヴェゼルに打ち込まれているネジはHUBLOTを思い出させるH型になっており、クロッコ氏の一工夫による、ウブロ独自のデザイン性が感じられます。

ビッグバンの種類

hublot-history

 

ビッグバンエボリューション

HUBLOT ビッグバンは「異素材のフュージョン」というコンセプトのもと発表されたモデルで、かつてウブロにに無かったモデルとなりました。

HUBLOT ビッグバンエボリューションに改良され、一番変化を遂げたのは文字盤ではないでしょうか。

文字盤には、比較的軽くて強いブラックカーボンが使用され、軽量化も図られています。

ビッグバンエボリューションの裏蓋は透明ガラスで内部構造を鑑賞できるようになっています。

ビッグバンエボリューションは、シンプルな作りになっているため、上品で品のある雰囲気を醸し出したい人にはおすすめです。

ビックバンウニコ

一番人気の商品であり、HUBLOTの全てを詰め込んだといっても過言ではないのがビッグバンウニコです。

ダイナミックなビジュアルにもかかわらず、重量はわずか136gほどで、その秘訣はブラックセラミックとチタンを採用していることです。

見かけによらず軽い仕上がりになっているので腕が疲れませんし、傷にも強く耐久性に優れています。

一カ月20000円台でレンタル可能!?

hublot-history

こんなにも人気なHUBLOTを一生に一度は身に着けてみたくはありませんか?

いざ購入しようにも、高すぎる・・・

そう思う方は少なくないと思います。しかし、結婚式や落とせないビジネスシーンなどで、成功者の証を身に着け、数少ないチャンスをつかんでみて下さい。

時計のレンタルについてもっとよく知りたい方はこちらへ(リンク先準備中)