Now Loading...

【ロレックスの歴史】ロレックスは腕時計の革命児だった!?誰もが知る高級腕時計になるまで

高級腕時計のロレックス(ROLEX)。時計を知らない人でもこのブランド名は知っているのではないでしょうか?

誰もが知るロレックスには、創業者のある思いが込められていたのです。

そんな腕時計の革命児ロレックスが多くの人々に認められるまでの歴史を紹介します。

ロレックス(ROLEX)の歴史

rolex-history

ロレックス(ROLEX)はハンス・ウィルスドルフが1905年に創業したウィルスドルフ&デイビス社の腕時計ブランドです。1908年に商標登録され、わずか2年でクロノメーターの公式証明書を取得するほど、精度の高い腕時計ブランドとして知られています。

創業当時の腕時計の評判は精度が正しいかどうか疑問視されていた事もあり、創業者であるハンス・ウィルスドルフは、スイスで製造されたムーブメントなどのパーツを仕入れ、精度の追求をしました。その結果が、2年足らずでクロノメーター取得に繋がり、精度が高い腕時計ブランドとして有名になったのです。

ロレックスは精度の高いブランドとしても有名ですが、精度の高さだけではなく、世の中に数々の発明を送り出しています。

ロレックス3大発明

ロレックスは全てのパーツを自社で製造しているマニュファクチュールブランドであり、現在に至るまで様々な発明をしています。まさに腕時計の発明王であり革命児ではないでしょうか。

特にロレックス3大発明と言われている『オイスターケース』『パーペチュアル』『デイトジャスト』の発明をし、世界に名を広めていきます。

それでは、ロレックス3大発明の歴史を一つ一つ見ていきましょう。

『オイスターケース』

オイスターケースは「防水性能」の機能を高めた時計構造の技術です。名前の通り牡蠣を意味しており、硬い殻から連想されて命名されています。

金属の塊をくり抜く事で従来のパーツとパーツを組上げる仕組みよりも丈夫な型にし、ねじ込み式と言われるリューズを採用することにより、防水性能をさらに向上させています。

その性能の高さと完成度を証明したのが、海峡横断の達成です。この事から、防水性能の高さを世に轟かせた大発明です。

『パーペチュアル』

今でこそ当たり前になった自動巻きの原点である大発明です。パーペチュアルと名付けられたムーブメント構想は、今まで手巻きで動かしていた手間を省くだけでなく、オイスターケースの防水性能をさらに向上させることになっています。

利便性や性能向上の観点からだけでも素晴らしい発明ですが、世界で初めて取り入れられる独創性やムーブメント構造の芸術性のレベルの高さは、さすが腕時計の王様です。

『デイトジャスト』

デイトジャストはカレンダーの機能の事で、ご存知の方も多いかとは思いますが、時計の3時付近にある小窓から数字が出ているタイプのカレンダーになります。

デイトジャストが発明された当時はカレンダーの機能自体は存在し、文字盤の外側に小さく日付があり、針で日付を確認できるポインターデイトが主流でした。

小窓に日付を表示させるのは世界初で、3時付近に小窓を設置することにより、ビジネスマン達のスーツが時計に被っていても見やすい設計になっています。

さらに、0時になると日付が変わるという機能の性能の高さが評価され、あっという間に有名になった大発明なのです。

ロレックスの特徴とその魅力

rolex-history

ロレックスの特徴と言えば、「ROLEX」のブランド名と「王冠」マークの2つです。ROLEXというブランド名は当時の創業者であるハンス・ウィルスドルフが100ほどある候補からも決めれず、誰が見ても読めるようなブランド名にした、こだわりあるモノになっています。

機能面の特徴と言えば、3大発明の『オイスターケース』『パーペチュアル』『デイトジャスト』の3つもロレックスの特徴と言えますが、やはり時を刻む制度の高さもロレックスの特徴だと思います。

何よりもロレックスと言えば、誰もが知る高級腕時計というブランドが最大の特徴だと思います。創業者がブランド名に込めた思いが実ったのか、高級腕時計を知らない人でも、ロレックスは知っているという人がいるのではないでしょうか。

ロレックスの人気モデルと特徴

rolex-history

サブマリーナ

rolex-history

一番人気はロレックスで抜群の認知度を誇る定番モデルのサブマリーナです。

優れた防水性能を持ち、ドットインデックスを採用したオールラウンダーな一本で、ビジネス・レジャー・スポーツあらゆるシーンで活躍する魅力的な腕時計です。

デイトナ

ロレックスを知っている人なら納得の一品。ロレックスの革新劇を物語る花形モデルです。

オイスター・パーペチュアル・コスモグラフ・デイトナがその花形と言えるモデルで、多くの人たちから「デイトナ」と呼ばれています。

迷ったらデイトナと言っていいほど、ほぼ間違えなく外さないロレックスの象徴的な腕時計です。

青サブマリーナ

rolex-history

青色のサブマリーナで通称“青サブ”と呼ばれています。通常のサブマリーナとは一線を期し、誰もが羨む最もメジャーな存在です。

プライベートで利用することを想定され、マリンスポーツやリゾートライフなどにおいて、圧倒的な高級感を演出してくれる腕時計になっています。

シードゥエラー

シードゥエラーはサブマリーナと外見が似ていて、あまり変わらないとの印象があると言われていますが、近年のシードゥエラーは【ロレックスの歴史上で最高傑作】と言われるほどになったサブマリーナの上位モデルです。

サブマリーナよりも重厚感がある上に、ディープシーやレイル文字盤などで存在感がさらに増し、ロレックスを知る人ぞ知る一級品です。

デイトジャスト

歴史上、革新的な発明を世に送り出してきたロレックス自慢の一本『デイトジャスト』。1945年に発売されてから近年に至るまで、その人気は絶大で、ロレックスが愛され続けられている象徴的存在。

ロレックスを語る上では外せないデイトジャストは、王冠を付けるに相応しい世界で最も知名度の高いモデルです。

ロレックスを一カ月20000円台でレンタル

rolex-history

こんなにも歴史的に有名なロレックスを一生に一度は身に着けてみたくはありませんか?

いざ購入しようにも、高すぎる・・・

そう思う方は少なくないと思います。しかし、結婚式や落とせないビジネスシーンなどで、成功者の証を身に着け数少ないチャンスをつかんでみて下さい。

時計のレンタルについてもっとよく知りたい方はこちらへ(リンク先準備中)

まとめ

ここまで、ロレックスの歴史について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

まさに、時計の王様と呼ばれるだけある歴史を作ってきたブランドです。

そんなロレックスを一度は身に着けてみるのも良いのではないでしょうか、誰もが知る高級腕時計を身に着け、大事な“時”を過ごしてみて下さい。

最後にロレックスの歴史の大まかな年表を作成したのでご覧になって下さい。

最後までお読み頂き有難う御座います。

ロレックス(ROLEX)歴史の流れ

1905年 創業(ウィルスドルフ&デイビスを設立)
1908年 ブランド名ロレックス(ROLEX)に
1910年 腕時計で世界発のクロノメーター公式証明書取得
1914年 A級証明書の取得
1926年 王冠のエンブレム使用
1926年 オイスターケース発明
1927年 オイスターケースで海峡横断成功
1931年 パーペチュアルのムーブメント発明
1945年 デイトジャストの発明
1953年 エクスプローラー発売
1953年 サブマリーナ-発売
1955年 GMTマスター発売
1956年 デイデイト発売
1956年 オイスターパーペチュアルミルガウス発売
1957年 レディ・デイトジャスト発売
1963年 コスモグラフ デイトナ
1967年 シードゥエラー発売
1971年 エクスプローラーⅡ発売
1978年 シードゥエラー4000発売
1983年 GMTマスター発売
1992年 パールマスター発売
1992年 ヨットマスター発売
2007年 ヨットマスターⅡ発売
2008年 ロレックス ディープシー発売
2009年 デイトジャストⅡ発売
2012年 スカイドゥエラー発売
2012年 ディープシーチャレンジ発売

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で